耳鼻咽喉科の薬剤

MENU

小児かと耳鼻咽喉科の薬剤を選択する違い

小児かと耳鼻咽喉科の薬剤を選択する違いが現れるのは、子供と大人では健康保険が使える薬剤が違うことも原因になっていると思います。

 

例えば、オノンやキプレスは、小児の場合には気管支ぜんそくの時にしか保険が使えないのです。

 

もちろん、耳鼻咽喉科の医師もこの違いを意識して薬剤を決めていることが多いと思います。

 

い抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の中には小児には使えないものもあります。

 

小学生上の場合は、必要な場合には局所ステロイド薬の点鼻薬を単独あるいは抗アレルギー薬との併用で処方することもあります。

 

◆重症の花粉症

症状が重症になると、小学生以上の場合には、局所ステロイド薬の点鼻薬をよく使います。

 

鼻水やくしゃみが起きる花粉症だとすると、第二世代抗ヒスタミン薬、鼻づまりもあれば化学伝達物質遊離抑制薬、ロイコトリエン拮抗薬、トロンボキサン拮抗薬を組み合わせます。

 

でも、生後すぐから小学校にあがるまでの子供の場合、まずは局所ステロイド薬は使わずに、鼻水を吸引、抗アレルギー薬を点鼻、インタールの吸入、をするようにします。

 

それと、漢方も併用するケースもあります。

小児科と耳鼻咽喉科で治療の違う子供の花粉症

花粉症で病院に行く子供は、小児科なら乳幼児から小学校低学年が多いですが、耳鼻咽喉科だと小学校高学年から中学生が多くなります。

 

それに、小児科だと乳幼児期からアトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくに花粉症や通年性アレルギー性鼻炎を方発症している事例が多いです。

 

耳鼻咽喉科だと、鼻の症状で受診している子供がかなり多くて、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎に気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎を起こしている子が多いです。

 

このような違いは、治療薬を選ぶ時に影響します。

 

それが子供の花粉症の特徴になると思われます。

 

重症の花粉症で鼻づまりがひどい時には、点鼻用の血管収縮剤を使います。

 

ただ、この場合は、副作用が出やすいので5〜7日以内の短期で使用をやめるようにします。

2倍に薄めた点鼻用血管収縮薬を使う場合もあります。

2歳未満の乳幼児の場合、この薬によってショックや心停止、けいれんなどを起す危険性があります。

 

そのため6歳未満の子供には使用を控えるのが普通です。

 

抗コリン薬も腹痛や下痢、肝機能障害などの副作用の危険があります。

 

そのため12歳未満の子供には使いません。

 

局所ステロイド薬は、子供に使っても比較的安全と言われてはいますが、長期間使用をした場合にどのような影響がでるかは、まだわかっていません。

子供にも花粉症に漢方を使えるか?

最近漢方薬を取り入れている病院が増えているようです。

 

産婦人科などでも漢方を積極的に取り入れて治療をしているクリニックもかなり多いみたいです。

 

花粉症も、漢方の処方で体質改善をして、花粉症や治りにくい症状を改善している人も増えてきていると聞いています。

 

それに漢方薬は健康保険が適用できるから、長く続けたい時にも費用面での心配が減るのが嬉しいですよね。

 

小さな子供でも漢方薬は飲めるのか、って考えるご両親もいると思いますが、もちろん子供も漢方薬を飲むことはできます。

 

ただし、漢方薬には独特のニオイがあるし、量もそれなりに飲まないといけません。

 

だからお湯に溶かしたくらいでは飲まない子もいるみたいです。

 

せっかく漢方薬にしても飲んでくれなければそれはそれで困るし、漢方薬を子供がちゃんと飲めるのか、っていうことを確認しないといけません。

 

漢方薬には色々な種類があります。

 

なので、病院や総合病院で相談して薬を決めたほうがいいです。

 

漢方以外でも、子供に合う治療法を探すことが難しいんですが、大切なわが子を花粉症の苦しみから早く解放してあげられる治療法を見つけることが、親としての一番の願いなんですよね。

発掘したての意外な新事実をいち早くお届けする「まさか!の新発見」スペシャル。今回は、「危険な二重あご」と「一生取れない」ボタン付けの最新情報をお届け!二重あごや首回りのたるみ、確かに気になるけど、二重あごは太っているだけではなく、 やせている方でも見かけることがありますね。 その原因と二重あごの予防や解消法をお伝えします。

更新履歴